天然
素材
100%
自然の力で美しく Natural Cosmetic Medical Association 自然化粧医学会

| HOME | ナルド化粧品 | 健康福寿源 療法 | ニュース情報 |




|健康福寿源トップ | 健康福寿源の由来| ガン撲滅療法誕生の秘話 |プロポリス成分 | 



  コーナー  



  ご相談はE-mailsoudan@natural-cma.com



  [ プロポリス ヘルスケア システム研究報告 ]


ガン撲滅治療法誕生の秘話


     ガン対策一筋!




 乳腺炎 ・ 乳腺症、 乳癌未期 の 健康福寿源療法 の 概略的統計症例



乳腺炎・乳腺症、乳癌未期の健康福寿源療法の概略的統計症例

 健康福寿源療法即ち 「蜂寿酵(プロポリス)、ミネ・カル、

ミネ・マグ」の三種類を混合して飲用すると乳腺炎や乳腺症

は飲用者から数ヵ月を待たずに改善もしくは自然治癒した、

との報告を得て来た。

 乳癌告知された方の中でも早期 乳癌患者では1日に4〜5

回程で、4時間間隔で熱心に半年程飲用されて、自身の触指

診断で 『改善した!』 と喜ばれる報告や1年程でほぼ 『消滅した!』

と、報告される方も多い。

しかし乳癌末期の方はそう簡単では無い。

国際対癌連合によると乳癌のおもな転移先は「肺へ(14.9%)、

肝臓へ(14.4%)、骨、骨髄へ(12.6%)、副腎へ(6.6%)、

胸膜へ(6.2%)との統計が出されている。


 平成元年(1989年)春以来 大勢の乳癌末期患者が飲用され、

実に良い結果報告を得て来た。

乳癌末期で骨、骨髄への転移患者は長期的に熱心な継続飲用

が望まれ健康的でバランスの良い食生活とスムーズな排尿・排便

が満たされていれば、何れ自然消滅も可能であると考えられる。

 乳癌末期で手術拒否をされた症例の方は日に5〜6回の熱心

な継続飲用を通して2〜3年程で内部からの正常細胞増殖が増進し、

図解の乳癌周囲のえくぼ状のくぼみが突き上げられ、破戒され、

表面に亀裂が出来、体液が皮膚外へ浸潤したと御報告された。

 このえくば状くぼみは乳癌の中核で異常細胞組織筋を形成し、

この周囲より血液を乳癌栄養用の血液に変化させて乳癌増殖の

栄養補給路に成っている。

 この段階で麻痺した知覚神経も回復して痒みを自覚する。

この補給路に殺癌性を有するプロポリス、田七人参エキス入り

蜂寿酵を就寝前と朝に添加し皮膚より直接にガンを攻撃する。

 また自然治癒力捉進の為に夜風呂・朝風呂にゆっくり浸かり、

死滅した癌細胞の角質をよく擦り落としてまめに手当てを繰り

返すと良い。

追い込まれた癌細胞の凋落(ちょうらく)は活発に淘汰を繰り返し、

1年程の闘いを終え美しい皮膚が蘇る。

 以上、乳癌末期患者の日々の健康福寿源療法を通し約2〜3

年程で原発癌の一応の自然消滅が期待できる。

 そしてもし真の原発癌が乳癌であれば「転移癌の可逆的消滅論」

の予言的私説からすれば 『全ての転移癌は転移の新しいものから

先に消滅し、最後に最も古い原発癌 即ちここでは原発乳癌の消滅

を以て収束する!』 と確信している。
 
▲ページトップへ 



  前立腺肥大症、前立腺癌 の健康福寿源療法 による 概略的統計症例



 
健康福寿源療法を採用した前立腺肥大症・前立腺癌患者では

福寿源清涼水を飲用開始してわずか数日で
『スムーズな排尿に

成った!』
との喜びの報告症例が多い。

これは尿道圧迫の原因である前立腺肥大症や前立腺癌に関与し

ている生理活性化による相乗作用で細胞組繊の弾力的緩和が功

を奏した証拠である。

 平成元年春以来、多くの福寿源清涼水の飲用者の経過報告で

は早期改善と早期自然治癒の報告が多い疾病である。

しかし
『前立腺癌はスムーズな排尿!』で満足すべきでなく
癌消滅

を目指し
て日に4〜6回程の飲用で元気共存生活を継続しながら

前立腺癌克服の為、3年程は熱心に飲用される事を薦めている。


前立腺肥大症、前立腺癌の健康福寿源療法による概略的統計症例 
ページトップへ



  腎臓・膀胱結石 と 癌の健康福源療法 による 概略的統計症例


腎臓・膀胱結石と癌の健康福源療法による概略的統計症例

 健康福寿源療法(簡略名・福寿源清涼水)即ち蜂寿酵(プロポリス)

とミネ・カル、ミネ・マグの三種類を混合して飲用する天然物療法の

プロポリス ヘルスケアシステムでは、この福寿源清涼水が数分で

腎臓と膀胱を循環し生理活性化を得ることが出来る。

腎炎の自然治癒や腎結石や膀胱結石のリン酸マグネシウムアンモ

ニウムを腎臓や膀胱内で細かく自然破戒し、
排尿と共に体外
流出し

絶妙な
自然治癒力を発揮する。


 腎臓と膀胱は飲用物である福寿源清涼水がストレートに通過する

臓器で影響力もスムーズな部位で
喜びの自然治癒報告も比較的


早いのが特徴である。

腎結石や膀胱結石が破戒し自然流出する際、尿管や尿道を刺激し

て微細にチカチカする場合も報告されている。


 結石の自然流
出は基本的には生体内の事情は生体免疫機能を

信頼し任す事です。


腎臓癌・膀胱癌は早期は1年程、中期は2年程、進行癌末期は

3年程を目安に健康福寿源の清涼水で元気共存生活を継続し、

自然消滅を目指す事が肝要である。
 
▲ページトップへ



  子宮内膜症・子宮筋腫 と 子宮癌 の 健康福寿療法 による 概略的統計症例


子宮内膜症・子宮筋腫と子宮癌の健康福寿療法による概略的統計症例
 
 子宮内膜症・子宮筋腫や子宮癌の発現の原因は子宮の毛細血管網

を循環する汚染血液が長期に渡ってうっ血滞留し、この汚泥を温床に

して引き起こされる異常細胞変異である。

 この
『引き金役』 には女性が長期に渡って使用するタール系口紅

色素
の摂取が一つの大きな要因と考えられる。

 卵巣内で発生した子宮内膜症をチョコレートのう胞と言い、他の子宮

内膜症と共に比較的若い
20代半ばから30歳前後の概略的統計では、

健康福寿源清涼水の飲用で比較的短期間、即ち数ヵ月で改善し1年

程で自然消滅の報告を得るケースが多い。


 
40歳前後の子宮筋腫患者の概略的統計では、飲用開始し数ヵ月で、

子宮筋腫が生理と重なって剥離し、消滅したケースと30代後半で早く

も子宮癌に移行しているケースも報告されている。

 
癌化していない子宮筋腫では、福寿源清涼水を日に5回前後熱心に

飲用してほぼ半年以内で生理と重なって剥離消滅するケースが多い。

 しかし、6ヵ月をオーバーしても剥離消滅しない場合には、
子宮癌に

移行しているケースが多く日に5〜6回程のペースで熱心に飲用努力

をお薦めし、早くて
1年程で子宮筋腫の破戒が見られ、剥離消滅する

ケースも多い。

 しかし、癌細胞発現の土壌と成っている子宮体には裾野を広げて組繊

細胞が根を張っているので、なお熱心な飲用を2〜3年程継続し、ガン

細胞撲滅とガン体質改善を目指す事が望ましい。

 以上、
健康福寿源療法、即ち蜂寿酵とミネ・カル、ミネ・マグを混合飲用

する健康福寿源の清涼水で
難病やガン対策の代替療法の概略的統計症

例ケースを説明し、今後の健康管理のお役立てに供する次第です。


  
2002年(平成14年)12月1日 以来公開

 
自然化粧医学会  医学博士&アカデミシャン 井上浩郷


▲ページトップへ















Copyrights 2004 Natural Cosmetic Medical Association All Rights Reserved.